ホーム > アララギと万葉

アララギと万葉

―正岡子規と扇畑忠雄論

アララギと万葉
 

目次

【はじめに】
【一章】子規の歌論へ――「歌よみに与ふる書」
     1 歌論の前蹤
     2 歌論への展開
     3 文学の標準・美の標準
     4 写生、写実というターム
【二章】子規の歌論と万葉
      一 古代和歌の風景
     1 記紀・国見歌の風景
     2 万葉歌の国見歌
     3 「もの」としての風景
      二 子規の歌論と万葉・古今
     1 子規の万葉観
     2 感情的写生
     3 俳句と写生
     4 短歌と写実
     5 叙事文と写生
     6 『病牀六尺』と客観的写生
     7 客観的写生への執着
     8 万葉の評価
【三章】扇畑忠雄の万葉研究
      Ⅰ
     1 文学への執着
     2 発想と表現の過程
      Ⅱ
     3 抒情歌と叙景歌
     4 写象と写実
     5 写実と虚構
      Ⅲ
     6 文明の万葉理解
     7 家持への執着
      Ⅳ
     8 地誌から風土、そしてふるさとへ
      Ⅴ
     9 無名歌への視座
【終章】アララギと万葉
     1 扇畑忠雄の歌論――「影」をさぐる
     2 正岡子規と扇畑忠雄
【おわりに】

このページのトップへ