ホーム > 古今伝受の周辺

古今伝受の周辺

古今伝受の周辺
著者 高梨 素子
ジャンル 国文学 > 中古文学
出版年月日 2016/05/25
ISBN 9784273037802
判型・ページ数 A5・408ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序 言
第一章 古今伝受概論
一、古今伝受という用語について
二、『伝心抄』本文の発展――『伝心抄抜書』の検討――
第二章 『耕雲聞書』の周辺
一、東山御文庫蔵『耕雲聞書』(序注)について
二、龍谷大学蔵『古今和歌集聞書』について
第三章 後水尾院の明暦古今伝受の周辺  
一、明暦聞書の作者
二、明暦聞書の引用書
三、歌人岩倉具起伝
四、歌人飛鳥井雅章伝
第四章 後水尾院の寛文古今伝受の周辺
一、『古今集御備忘』三種
二、烏丸資慶加注『(古今伝受前)三十首和歌』
三、埼玉大学蔵『烏丸資慶卿和歌式目二十五ケ条』
  付記、『資慶卿口伝』の翻刻
四、烏丸資慶述『続耳底記』の基礎的考察
五、細川行孝編『葵花集』――後水尾院の大名への歌指導――
  『葵花集』索引
  初出一覧

このページのトップへ