ホーム > 日本語研究法 近代語編

目次

はじめに
レポートの書き方
レポート① 『浮雲』における片仮名「エ」「ヘ」「ヱ」
解説
レポート② 『浮雲』の振り仮名
解説
レポート③ 『浮雲』における白ゴマ点
解説
レポート④ 『浮雲』の語彙の量的構造
解説
レポート⑤ 『浮雲』における類義語「厭(いや)」と「嫌ひ」
解説
レポート⑥ 『浮雲』における人称代名詞
解説
レポート⑦ 『浮雲』における笑いのオノマトペ
解説
レポート⑧ 『浮雲』におけるバカリ・バカシ等の用法について
解説
レポート⑨『浮雲』のアスペクト形式「テイル」
解説
レポート⑩『浮雲』における「此方」の読みと指示的性質について
解説
レポート⑪『浮雲』における「おっしゃる」と「お言ひなさる」の使い分け
解説
レポート⑫『浮雲』の「だ」と「である」
解説
レポート⑬『浮雲』における会話文のレトリック―お政と昇を中心に―…
解説
レポート⑭ 初版本から再版本へ―『浮雲』本文改変の意味するもの―
解説
付録① 近代語のコーパス利用法
付録② 近代語研究参考文献・資料案内
付録③ 『浮雲』書誌
付録④ 『浮雲』研究史

このページのトップへ