ホーム > 大沢本源氏物語の伝来と本文の読みの世界

大沢本源氏物語の伝来と本文の読みの世界

目次

一 『源氏物語』の本文をめぐる課題
 1 源氏物語の書写本
 2 本文の伝来
 3 大島本の出現
 4 大島本青表紙本の問題点
 5 大島本の本文の性格
二 大沢本源氏物語の伝来
 1 小杉椙邨の『鑑定雑記』
 2 小杉椙邨の調査記録
 3 大沢家の宝物
 4 前田香雪の鑑定
 5 香雪の筆者目録
 6 正木直彦、今泉雄作、池辺義象等の覚書
三 大沢本源氏物語の書誌
 1 池田亀鑑の調査
 2 大沢本の書誌四 源氏物語のことばと物語の展開
 1 阿仏尼と親行の交流
 2 俊成と光行との校訂
 3 『源氏物語』の読み
 4 本文の二大系統
 5 「しげき野中」「野道の太政大臣」
五 大沢本の表現
 1 書写過程の変貌
 2 朧月夜の性格
 3 夕霧像の変貌
 4 大沢本の読みの方法
 5 浮舟の入水事件
六 大沢本の合点――注釈の方法
 1 注釈の初期形態
 2 大沢本合点の性格
 3 諸本による合点の性格
あとがき―― 大沢本源氏物語との出会いと源氏物語千年紀の回想とともに

このページのトップへ