ホーム > 日本語37話プラスX

日本語37話プラスX  新刊

日本語ウォッチング

目次

第一部 根を張る日本語
 1 文語文のちから
 2 信号は「緑」から「青」へ
 3 姓と苗字
 4 「円」と「丸」
 5 「ゼロ」は「レイ」にあらず
 6 足の「人さし指」
 7 「人指指」と「指指す」
 8 「痔」は「ぢ」がよく似合う
 プラスⅠ 「頑張る考」に見る近代日本
 プラスⅡ 動詞化をきらう日本語

第二部 時代を語る日本語
 9 聖書がもたらした日本語
 10 「王道」はいくつありや
 11 「同音語の別表記」と「誤植でないことば」
 12 「独擅場」か「独壇場」か
 13 「装丁」か「装幀」か
 14 「紀念」か「記念」か
 15 「怪気炎」か「快気炎」か
 16 「々」から特殊文字群に及ぶ
 プラスⅢ 時代を映した「尋ね人」

第三部 思い出の日本語
 17 最後の「文士」たち
 18 逍遙における「花魁」と「芸者」
 19 露伴の「号外」と「壁訴訟」
 20 北杜夫の「ママ」と三浦哲郎の「おふくろ」
 21 「情報化社会」出現のころ
 プラスⅣ 「戦後民主主義」の墓碑銘
 プラスⅤ 「英語公用語化論」始末記

第四部 今を語る日本語
 22 しのびよる翻訳調
 23 野球用語の日米対比
 24 情緒を好むスポーツ放送
 25 「アホ・バカ」から「神ってる」まで
 26 「肩書き」いろいろ
 27 新聞報道に見る肩書き問題
 28 西暦派と年号派
 29 「ボランティア」「メセナ」「フィランソロピー」
 30 「おれおれ詐欺」の広がり具合
 31 「買春」と「売春」のはざまで
 32 取扱説明書の「警告」と「注意」
 33 「長寿化」と「少子化
 34 原爆非難の裏に現われること
 35 麻痺してしまう核への脅威
 36 「非弁活動」は「非弁護士活動」にあらず
 37 国民に深まる閉塞感
 プラスⅥ 「情報」をとりまく言葉

第五部 近代日本語が歩んできた道のり
 プラスⅦ 「洋語」の受容とその手法の変遷
 プラスⅧ 明治以来の国語施策
 プラスⅨ 新字体の点のあるなしをめぐって
 プラスⅩ 〝漢字仮名交り文〟への道のりあとがき

このページのトップへ

内容説明

日本語ちょっといい話37と、ちょっとかたい話題プラスX項目
「そういえばそうだった」と気づいたり、「なるほどそうなんだ」と合点したりしてもらえるー日本語ウォッチングー

このページのトップへ