ホーム > 『日本書紀』編纂の研究

『日本書紀』編纂の研究  新刊

目次

序 研究史と問題点の整理
  一 神代巻と一書の問題
  二 『日本書紀』編纂の問題と区分論

第一部 神代巻の諸問題
 第一章 神代巻の細かな異伝について
  一 第五段(四神出生章)、第6の一書の細かな異伝
  二 神代巻全体の細かな異伝
 第二章 一書の配列について
  一 問題の所在
  二 第四段(大八洲生成章)
  三 第五段(四神出生章)
  四 第六段(瑞珠盟約章)
  五 第七段(宝鏡開始章)
  六 第八段(宝剣出現章)
  七 第九段(天孫降臨章)
  八 第十段(海宮遊幸章)
  九 第十一段(神皇承運章)
  十 第一段、第二段、第三段(神世七代章)
  十一 神代巻の段落意識と「一書」
 第三章 省略の問題
  一 問題の所在
  二 第七段、第3の一書の「云云」
  三 第九段、第6の一書の「云云」
  四 第十段、第3、第4の一書の「云云」
  五 まとめ
 第四章 神代巻における卜部家諸本の問題
  一 問題の所在
  二 第二段の問題
  三 第三段の問題
  四 第一段と第二・三段の関係
  五 第二段の一書の問題点──「曰」と「云」
  六 おわりに
 
第二部 日本書紀編纂の問題
 第一章 日本書紀編纂についての一疑問
  一 問題の所在
  二 欠史八代巻における即位記事・立太子記事の比較
  三 巻十三までの各天皇紀の記事の比較
  四 巻十四以降の記事の比較
  五 区分論の問題
  六 まとめ
 第二章 天皇即位表現から見た日本書紀本文の一側面
  一 問題の所在
  二 形式的な天皇即位記事
  三 個別的な天皇即位表現
  四 立太子記事
  五 まとめ
 第三章 日本書紀における欠史八代の性格
  一 問題の所在
  二 欠史八代の記事に見られる異伝
  三 神代巻に見える系譜記事とその異伝
  四 欠史八代巻の始祖注記
  五 オホミタカラから見た欠史八代巻の役割
  六 まとめ
 第四章 日本書紀巻四の虚構
  一 問題の所在
  二 欠史八代の御陵記事
  三 欠史八代の遷都記事
  四 古墳と宮との関係
  五 まとめ

第三部 日本書紀の諸問題
 第一章 景行天皇紀、時人の歌(紀番歌謡)についての一考察
  一 問題の所在
  二 日本書紀における「群臣」と「百寮」
  三 日本書紀の「時人」
  四 時人の歌
  五 舞台装置としての「時人」
  六 まとめ
 第二章 推古紀二十年正月条の置酒の宴と上寿歌に関する二、三の疑い
  一 問題の所在
  二 漢籍に見る「上寿」
  三 日本書紀に見える「是日」
  四 置酒の宴と上寿歌の関係──まとめにかえて──
 第三章 『万葉集』編纂資料としての日本書紀
  一 問題の所在
  二 引用された『日本書紀』の記事に関する問題
  三 「朱鳥」の問題
  四 万葉集の年紀の記し方──特に干支について
  五 革命勘文の干支と友田説
  六 まとめ
 第四章 古代歌謡における短歌形式の一側面
  一 問題の所在
  二 長歌の中に含まれる短歌形式
  三 片歌+短歌の形式
  四 短歌+片歌の形式
  五 長詩形歌謡の中の短歌
  六 まとめ
 第五章 日本書紀の葬送記事から見た日本古代の葬送儀礼
  一 はじめに
  二 天皇紀における葬送記事
  三 神話における葬送儀礼
  四 その他の場合
  五 おわりに
 第六章 日本書紀の「赤心」
  一 問題の所在
  二 「赤心」の語義
  三 「赤心」の訓み
  四 漢語としての「赤心」──まとめにかえて── 
第四部 区分論の問題とこれからの日本書紀研究
 第一章 日本書紀神代巻(巻一)の助字について
   はじめに
  一 上代文献に見る文末の助字
  二 接続を表す助字
  三 場所を示す置き字──まとめにかえて──
 第二章 日本書紀「区分論」の新たな展開─多変量解析(クラスター分析)を用いて─
  一 問題の所在
  二 クラスター分析とは
  三 クラスター分析を用いた日本書紀の区分
  四 従来説との相違
  五 今回の調査の問題と今後の課題―まとめにかえて―
初出一覧
あとがき

このページのトップへ