ホーム > 竹田からくりの研究

竹田からくりの研究  新刊 これから出る本

竹田からくりの研究

竹田からくりの演技と構造

著者 山田 和人
ジャンル 文学一般
出版年月日 2017/10/15
ISBN 9784273037796
判型・ページ数 A5・532ページ
定価 本体12,000円+税
 

目次

はじめに
第一章 竹田からくりの演技と構造
 第一節 竹田からくり「愧儡師」についてーーフィールドと文学史の接点
 第二節 田中組「愧儡師」の人形とそのからくりの構造
 第三節 田中組「愧儡師」の人形とそのからくりの構造 その二

第二章 竹田からくりと絵画資料
 第一節 竹田からくり関連の絵画資料
 第二節 からくり人形と絵画資料
 第三節 からくり演出と絵画資料

第三章 竹田からくりの興行と舞台・演目
 第一節 竹田近江少橡清房の竹田芝居ーー『桑折宗臣日記』の芸能記事を中心にーー
 第二節 舞台と演出ーーからくりと手妻の場合ーー
 第三節 竹田からくりの演目と分類

第四章 からくりの伝承冊界
 第一節 からくりの伝承泄界ーー「六どう班ねんぶつ」を中心にーー
 第二節 からくりと古浄瑠瑞ーーからくり「懐胎十月図」をめぐってーー

第五章 からくりと手妻
 第一節 手妻研究資料としての『若水千歳狐』ーー附りからくり「七化け」についてーー
 第二節 伊藤出羽権橡のからくり絵尽し

第六章 田中近江大撒のからくり
 第一節 田中近江大撒のからくりーー芸能と科学の狭間ーー
 第二節 田中近江大橡のからくり そのニーー「弓曳き童子」の場合ーー

第七章 からくりと文芸冊界
 第一節 からくりと能ーー「融大臣三日月雛形」を中心にーー
 第二節 からくりと能 そのニーー「三笠山春日龍神」を中心にーー
 第三節 道成寺の芸能ーーからくりと軽業芸ーー
 第四節 からくりと浮世草子
 第五節 からくりと式亭三馬の滑稽本

第八章 竹田からくり関連資料
 第一節 草創期の竹田芝居
 第二節 『役者披顔桜』と竹田芝居の江戸下り
 第三節 国立国会囮書館所蔵『竹田新からくり』について
 第四節 吉徳資料室所蔵竹田からくり絵番付
 第五節 竹田からくり「愧儡師」の絵画資料 追加
 第六節 『竹田大からくり双六』についてーーからくり研究資料としての絵双六ーー

おわりに
初出一覧
あとがき

このページのトップへ